何もしない

薄毛を気にしない・対策をしない

薄毛の人の多くが当てはまる

総合評価点

18点(30点満点)

対象年齢

特になし

対象薄毛度

特になし

総合評価

何もしないのが一番楽でコストもかからないので、結局薄毛に悩む人のほとんどが「何もしていない」のだと思います。普段は薄毛が気にならなくても、状況によっては日常生活で薄毛を気にせざるを得ないことも起こります。また、何もしていないよりも、何か前向きな対策を実施している時の方が、薄毛の話題に対してもオープンな気持ちになれます。精神的には、何か対策を実施し続けている方が楽なのかもしれません。

メリット
  • 一番楽である
  • お金がかからない
デメリット
  • 薄毛に対して後ろ向きな気持ちになる可能性がある
  • 薄毛に対して有効な手段を取る機会を失うことになる
期待効果・自然さ

評価: 0点

薄毛は「進行していく状態」であり、何か対策を行わない限り奇跡が起こることはありません。薄毛の進行はとてもゆっくりとしているので、日によっては髪が増えたような錯覚を覚えることもありますが、実際は確実に進行していきます。

コスト・価格的メリット

評価: 10点

コストはまったくかかりません。(薄毛が進行することによって、間接的にお金がかかることもあるかもしれません。)

日常生活・メンテの負担

評価: 8点

日常生活への負担という意味では、何もしないのが一番楽です。ただし、薄毛が進行を続けるのは確実なので、日常で薄毛が気になったり、散髪で気になったり、髪型がまとまらないなど日々の問題が起こります。