かつら、ヘアコンタクト

昔から使われてきた最も安全で即効性のある方法

すぐに薄毛を何とかしたい人に

総合評価点

15点(30点満点)

対象年齢

20歳ぐらいから(規則は特にない)

対象薄毛度

中-高レベル/女性可

総合評価

かつらは何千年も昔から薄毛対策として使われ続けてきました。薬や自毛植毛、クローン技術、遺伝子治療などの技術が発達していったとしても、最も安全で即効性のある方法として生き続けていくことには違いありません。ヘアコンタクトなどもかつらの新しい技術であり、今後目覚しい技術の発展を遂げれば、場合によっては人気を回復することもありえます。現在はかつらに対する偏見がありますが、効果の高さや安全性などの面から、他の薄毛対策に勝っている点も多いと言えます。

メリット
  • その日からフサフサの髪を実現することができる
  • 手術をしなくてもすむので手軽に始められる
  • 植毛などと違って元に戻すことができる
  • 男性型脱毛症以外の一時的な脱毛症にも適用可能である
デメリット
  • 質の良いかつらをつけないと、周りの髪とかつらとの差異が目立つ場合がある
  • かつらが取れないかどうか気にしなくてはいけない
  • つけっぱなしにしておくとにおいがする場合がある
  • 日常生活に手間が増える
  • 値段が高い
期待効果・自然さ

評価: 8点

現在のような植毛などの技術のない時代には、もっともすぐれた方法だったに違いありません。今でもかつらは、薬や植毛などよりも手軽に始められて、即効性のある手段として支持されています。質の良いかつらは、今でもとても評判がよいです。思い通りの量だけ髪を増やすことができるのが特徴です。ただし、質の悪い安いかつらをつけると、地毛との差が目立ったり取れやすかったりと、逆効果にもなりかねません。

コスト・価格的メリット

評価: 4点

かつらは痛んだりしたときのために、最低同じものを2つ用意することが多いです。さらに数年でだめになってしまうので、何年かごとに買い換える必要があります。また、かつらや接着を維持するために必要なメンテナンスコストもかかります。散髪もかつらに対応した特別な場所でする場合は、散髪代が高くなります。かつらは一度つけるとやめにくいものなので、継続的な出費を覚悟しておかなくてはいけません。

日常生活・メンテの負担

評価: 3点

かつらはタイプによっては日常のメンテナンスが面倒です。なんらかの方法で頭に接着するのですが、ずっとつけっぱなしだと汚くなりますし、頭皮の脂などで臭くなってしまいます。そのため、洗髪しやすいようにかつらと頭皮の間に隙間があったり、取り外しが簡単にできるようになっています。1ヶ月に1、2回の頻度で、お店に行ってかつらの付け直しをする場合もあります。また、夏は頭が蒸れる場合もあります。さらに、かつらに対応した専門の散髪屋に通う必要が出てきます。