育毛、発毛サービス

頭皮マッサージや頭皮ケアによる健康管理

日本で最も支持されている薄毛対策

総合評価点

12点(30点満点)

対象年齢

20歳ぐらいから(規則はない)

対象薄毛度

初-中レベル/女性可

総合評価

育毛、発毛サービスは日本で最も広く支持されている薄毛対策です。現在は、自毛植毛やプロペシアなど新しい薄毛対策の波が押し寄せているので、頭皮ケアや健康管理をしているだけでは、それらの分野は行き詰ってしまうかもしれません。頭皮ケアや健康管理は、頭皮や髪の健康には良い効果がありますが、残念ながら男性型脱毛症を抑制する効果は低いです。

メリット
  • モチベーションを管理してくれたり、精神的な支えになる
  • 髪の健康と同時に体の健康にも結びつく
  • 頭皮マッサージなどは、実際に気持ちがよい
デメリット
  • 結果的に価格が高くなるケースが多い
  • 男性型脱毛症にあまり効き目のない手法をすすめられることが多い
期待効果・自然さ

評価: 4点

日本で一般的な育毛、発毛サービスは、頭皮マッサージをしたり、頭皮の汚れを取り除いたり、健康管理することで髪を生やそうとします。しかし、毛穴に脂が詰まるのが脱毛の原因になるとか、頭皮の血流が悪いのが原因になるというのは、現在では俗説とされています。ただし、まれに栄養の偏りが薄毛を招くこともあり、そのようなケースでは顕著な効果が出る場合もあります。また、頭皮マッサージは薄毛を止める効果がなくても、頭皮の状態にはある程度よい効果を与えていることが考えられます。

コスト・価格的メリット

評価: 4点

価格はそれぞれですが、1年に数十万円から百万円以上かかる場合があります。効果が出るまで続けなくてはいけないので、数年かかった場合はコストがかなり膨れ上がります。でも、大抵の場合、コストには柔軟性があり、お金をかけたくない人には格安のプランが用意されていることが多いです。自宅ケアセットなどを販売しているところもあり、別料金がかかったりすることもあります。また、専用のシャンプーなどヘアケア製品を購入する必要がある場合もあります。

日常生活・メンテの負担

評価: 4点

プランによって頻度は違いますが、育毛、発毛サービスのお店にたびたび通う必要があります。また、毎日自宅でも時間をかけてヘアケアを実施することが求められます。いずれにしても、特にマッサージや毛穴の脂を除去する方法を取る育毛サービスでは、時間をかけて頭皮のケアをする必要があります。ローションなどの消耗品の種類も多くなるので、備品を補充する手間も増えます。